会長挨拶

神奈川小児科医会 会長 田角 喜美雄

神奈川小児科医会は、日本小児科学会神奈川県地方会の下部組織として、小児医療の向上、充実を図ることを目的として、昭和59年に発足しました。 小児医療の実践的な課題を検討、関係方面への要望、県内の各地区小児科医会・日本小児科医会との連携、情報共有を図る等を目的として活動しています。

主な活動として、年4回の幹事会や学術講演会の開催、毎年3月には日本小児科学会神奈川県地方会との共催により、地方会の中で特別講演と総会を開催しています。 また、現在は4つの小委員会(公衆衛生、社会保険、広報・学術、救急病診連携)を設置し、様々な諸問題について検討しています。 その他、年2回関東ブロック小児科医会への出席や、日本小児科医会へ理事、委員会委員、関連団体への委員の推薦等を行っています。

平成13年6月には相見基次会長のもと横浜ロイヤルパークホテルとパシフィコ横浜会議センターを会場として、第12回日本小児科医会生涯教育セミナー(現在は総会フォーラム)を開催、平成19年10月(横浜ローズホテル)及び平成27年10月(崎陽軒本店)に関東ブロック小児科医会を開催、平成30年6月には第29回日本小児科医会総会フォーラム(パシフィコ横浜)を横田俊一郎会頭のもと開催を予定しています。

小児科医療は近年、高度先進医療により大きな進歩がもたらされましたが、その一方、新たな問題に直面しています。少子高齢化、核家族化など、子どもの取り巻く社会環境の変化に加え、様々な慢性疾患患者さんのtransitionの問題、小児在宅医療の必要性、子どもの貧困等、喫緊の課題となっています。

神奈川小児科医会は日本小児科学会神奈川県地方会の大学、病院勤務医の先生方と我々診療所医師と叡智を結集し、神奈川県の子ども達の身体と心の健康のため力を合わせ、惜しまぬ努力をして行きますので、会員の先生をはじめ、今後もご協力、ご支援よろしくお願い致します。


神奈川小児科医会
会長 田角 喜美雄

歴代会長

昭和59年度 ~ 平成13年度
相見 基次 先生
平成14年度 ~ 平成19年度
寺道 由晃 先生
平成20年度 ~ 平成27年度
横田 俊一郎 先生
平成28年度 ~ 現在に至る
田角 喜美雄 先生


TOP